ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバーは気軽に美味しい水を飲める

ウォーターサーバーの特徴としてまず挙げられるのは美味しい水をいつでも簡単に飲めることです。水道の蛇口をひねるのと同じような感覚で、コックをひねったり、スイッチを押したりするだけで水が出てきます。ウォーターサーバーでは水道水を使うのではなく、天然水やRO水を用いるのが一般的になっています。ウォーターサーバーにボトルを取り付けて飲める仕組みになっているので、自分の口に合う水を選んでおけばいつも気軽に水を楽しめるでしょう。ウォーターサーバーの水はそのまま飲むだけでなく、お茶やコーヒーを入れるのにも使えます。人によってはウォーターサーバーの水を料理に使っている場合もあり、自由に美味しい水を使えるのが特徴です。

ウォーターサーバーは機能が充実している

ウォーターサーバーは様々な機能が搭載されているのも魅力的な特徴です。典型的なのは温度調節機能で、温水と冷水の二種類を出せるようになっているのが一般的です。機能が優れているウォーターサーバーなら1℃刻みで温度設定ができるようになっていて、沸騰寸前の熱湯から、冷蔵庫に入れるよりも少し冷たい水までいつでも出すことができます。また、ウォーターサーバーは衛生的に使えるように自動洗浄機能も搭載されている場合がほとんどです。熱水を循環させて除菌をする仕組みが一般的で、いつも安心して美味しい水を飲めます。他にもチャイルドロックがあって子供がいても気軽に使えるなど、ユーザー視点で気が利いている機能がたくさんあるのが魅力です。

ウォーターサーバーを赤ちゃんに使う場合、ポイントになるのは水の「硬度」です。「硬水」でミルクを与えるとミネラルの過剰摂取になるため、適度なミネラル量の「軟水」が赤ちゃんには最適です。